So-net無料ブログ作成

愛知厚生年金会館のその後 [現存しない建物]

2008年10月30日に営業終了した愛知厚生年金会館

この厚生年金会館は、名古屋市営地下鉄東山線池下駅 下車すぐの場所にある
とても交通の便のよい場所にありました。



2009年の1月上旬にどうなっているのか撮影しました。

pnikki414920.jpg

2008年12月中に取り壊す計画だったようですが、まだ撮影した時点では
フェンスで囲われていました。


pnikki414927.jpg

この記事を書くために画像を見ていたら、最近の急激な景気悪化で、
建物を取り壊してマンションを建設できるのかな?と思ってしまいました。

自動車メーカーは赤字が相次ぎ、電機メーカーも赤字が相次いでいる。
不動産会社は赤字どころか、会社更生法の適用が相次いでいるし。

pnikki414933.jpg

pnikki414935.jpg
立ち入り禁止の紙が閉館になったのを実感できます。


この建物の裏側も撮影してきました。
立ち入り禁止区域ではなく、通常立ち入りできる場所です。
(上の地図にある「サンクレア池下」の裏側から撮影しました)
pnikki414949.jpg

愛知厚生年金会館の近くの建物に、
「マンション内に積水文化ホールを確保する会」というポスターがありました。

愛知厚生年金会館は、積水ハウスが国から買い取った施設です。
pnikki414944.jpg

積水ハウスの決時期を調べると1月末に発表するので、
赤字か大幅な減益だった場合はこの施設の建設が、宙に浮く可能性もあるかも。

1月18日現在この施設がどうなっているのかはわかりませんが、
新しいマンションの建設が先送りでまだ取り壊してなければ、
一時再開というのも検討してみてはどうでしょうか?
(景気悪化であまり利用率が上がらないかも??)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0